HOME > 耐震改修リフォーム > 02 耐震診断・チェック

Reform

 

[01]耐震診断とは

 ・建築当初の設計やその後の劣化状況など様々な要因を総合的に

建物の地震に対する安全性は、建築年時や地盤の良し悪しだけで決まるものではありません。建築当初の設計やその後の劣化状況など様々な要因を総合的に勘案して判断する必要があります。それを行うのが耐震診断です。
耐震診断を行うためには、まず現地調査を実施し、建物の劣化状況や図面との整合性などを確認します。その後、調査結果に基づいて構造計算を行い、建物の安全性を総合的に評価します。耐震診断は建築士などの専門家が実施します。

 

 

 

[02]耐震診断の費用

 ・耐震診断の費用

耐震診断の費用は、建物規模等にもよりますが、

木造住宅の場合、概ね10万円〜20万円程度(図面ありの場合)と言われています。

これは、壁の仕上げ材をはがして隠れた部材を確認するようなことはせず、図面や目視で調査する範囲のものです。

また、

鉄筋コンクリート造の場合、床面積あたり500円〜2000 円程度と言われています。

例えば、1フロア当たり200u程度の10階建ての建物の場合(延べ床面積が約2,000u)、100万円〜400万円程度が必要になることになります。
また、

耐震診断の結果で補強が必要と判った場合、

補強工事を行うための補強設計を依頼することになり、別途費用が必要です。

 

 

 

 

 

 

出典・引用:東京都都市整備局資料等

環境計画 ー 店舗設計/デザイン/リフォーム / エコプランニングオフィス スタジオ ウイング < 千葉県市川市 >